おなかに優しいオリゴ糖の効果3つ

みなさんは、オリゴ糖がおなかに優しいということを知っていますか?ビフィズス菌ならヨーグルトなどで聞いたことがあるけど、オリゴ糖のことはあまり知らない…そんな人が多いのではないでしょうか。ビフィズス菌が腸に良い影響を与えるということは有名ですが、オリゴ糖もまたおなかを綺麗にする役割をするのです。オリゴ糖は人間の母乳から発見された成分なのです。そのため、母乳を飲んだ乳児のほうが、下痢をする確率が低いのです。それでは具体的にオリゴ糖の効果にどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

プレバイオティクス効果

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果があります。腸内の環境が改善されて悪玉菌が減り、善玉菌が増えると便秘が解消されるようになります。そしてその腸内環境ではカルシウムなどのミネラルの吸収率もよくなります。そうなると、骨も強くなり、血液循環も促進されるため、骨折や貧血予防効果が出るのです。

 

糖質脂質の吸収を減らす効果

はちみつなどオリゴ糖を含んだ食品は粘度があるのです。この食品は消化機能を鈍くする効果があり、脂質やコレステロールの吸収を抑えてくれるのです。また、吸収を抑えるだけでなく、余分な脂質糖質を排出する手助けもしてくれるのです。そのため、ダイエットなどにも利用されているのです。

 

血糖値を下げる効果

オリゴ糖に似た物質としてショ糖というものもあります。しかし、ショ糖はオリゴ糖よりも高カロリーなため、ダイエットには適さない部分があります。また、オリゴ糖は、そのまま栄養として吸収されるのではなく、腸内の細菌に分解されるため、血糖値の上昇はあまりないのです。これはダイエットだけでなく、糖尿病にも効果的なのです。

 

どうでしたか?意外と知らないこともたくさんあったと思いますが、オリゴ糖にはこのような素晴らしい効果があるのです。ダイエットをしている方、糖尿病に悩んでいる方はオリゴ糖を試してみてはどうでしょうか。

 

 

イソマルトオリゴの効果

isomaru

最近運動不足のせいなのか便秘がひどくなってきたのですが、野菜をたくさん摂ってもあまり変化はなく、かといって下剤はあまり飲みたくないですし、サプリメントを摂るのはうっかり忘れてしまうことも多いので効果を感じられずにいました。

そんな話を同じように便秘で困っていた友人にしたら、毎日オリゴ糖を摂るようになってから便通がとても良いと言うのです。オリゴ糖ってどうやって摂ればいいのかも分からなかったのですが、友人はダイエット効果を期待しているらしく、ミントティーにオリゴ糖とショウガ、そしてレモンを入れてオリジナルのデトックスティーを飲んでいるとのこと。他にも砂糖と同じようにヨーグルトやコーヒーに入れたり料理にも使っていると教えてくれました。

実際どんなオリゴ糖を買えばいいのかとネットで商品をいろいろ見てみまし。ラフィノース(ビート)オリゴ糖などの純度の高いオリゴ糖はやはり高価です。そこで、ラフィノースオリゴ糖の半値くらいで買えるイソマルトオリゴ糖が気になりました。イソマルトオリゴ糖は味噌やはちみつなどにも含まれている、自然由来のオリゴ糖で安全安心な糖質なのだそうです。他のオリゴ糖と同じように腸内のビフィズス菌を育てて腸内環境を整える作用があるそうです。厚生労働省の特定保健用食品、〝トクホ〟の認可も受けていますから、一定の効果はお墨付きのようです。そうであれば、毎日利用するものですし価格が安いに越したことはありません。

イソマルトオリゴ糖は熱に強く、味も変わらないので積極的に料理に使えます。料理は毎日しますから、砂糖の代りにイソマルトオリゴ糖を使えば「オリゴ糖を摂らなきゃ」とわざわざ意識しなくても自然に摂取しやすいですし、家族も健康になりそうです。イソマルトオリゴ糖はコクのある風味で、和食の煮物などにもよく合うのだそうです。これならいつも通りの献立でいいので、本当に気軽に摂取することができます。

純度の高いラフィノースオリゴ糖などは整腸作用の効果はとても高いだろうけど、価格を考えると継続して購入するのは私にはなかなか難しいかなと思いました。ネットのレビューを見てもイソマルトオリゴ糖を飲んだ方々の評価は概ね好評です。効果、価格、簡単に摂取できるかどうかなどを考えた結果、やはりイソマルトオリゴ糖が私には一番合っているような気がするので、とりあえず試しにイソマルトオリゴ糖を近くのドラッグストアで探してみようと思っています。イソマルトオリゴ糖で毎日すっきり暮らせるように

なりたいです。

イソマルトオリゴ糖で毎日すっきり暮らせるようになりたいです。期待しています!

妊娠中の便秘に効きますオリゴ糖

妊婦

女性は妊娠すると、お腹が大きくなり、赤ちゃんがいることで内臓が圧迫され、苦しいと苦しむお母さんも多くいます。
また、腸も圧迫されることから、便秘になりやすいお母さんも多いのです。

もともと便秘体質の女性が多い中ですから、妊娠中に便秘になるお母さんはとても多いです。
産婦人科でお薬を処方してもらうことも可能ですがお腹の赤ちゃんのことを考えると、できるだけお薬を飲みたくないのが母心ですよね。
便秘は食生活によって改善できるので、様々試していただきたいと思います。

解消方法はこの辺りを参考にしてみてください。

http://www.qdjsjt.com/
http://allabout.co.jp/gm/gc/405516/

オリゴ糖という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
便秘に良い習慣として、オリゴ糖を摂取することをお勧めします。

オリゴ糖はビフィズス菌の餌になるので腸内環境を整えるのにとても良い働きをします。
ビフィズス菌が腸内で活発化すると腸の動きがよくなるので、妊娠中でも便秘になりにくい効果があります。
また、オリゴ糖は赤ちゃんが摂取しても問題ないものですから妊娠中のお母さんが摂取することはとても安全なことです。

オリゴ糖を選ぶうえで重要になるのがなるべく自然に近いものを選ぶことです。
オリゴ糖は多くの食材に含まれているので、食材から採取した純度の高いものを選ぶようにしましょう。

1度便秘が改善されたからと言ってもオリゴ糖の摂取は続けていきましょう。
飲み物に混ぜたり、食事に混ぜるだけで十分効果が得られます。
毎日無理なく続けることで、妊娠中の排泄がとっても楽になりますよ。

オリゴ糖を愛犬の健康管理に役立てましょう

wan

便秘は人間だけがなるわけではありません。愛犬だって便秘になるのです。通常、子犬のうちは一日に数回、成犬になれば2回くらいは糞をするので、何日もしていない、様子がおかしいと思ったら獣医さんへ相談してみた方がいいでしょう。
寄生虫がいる時や病的な原因があれば別ですが、便秘をしているだけでしたら原因を考えてみてください。十分に運動できていない、散歩に行く時間がなく落ち着いて糞をする環境、時間が無かった、水分があまり取れていない、食べ物の影響などいろいろと考えることができます。便秘になれば犬も体調や気分がすぐれずいつもと様子が変わってきます。お腹がはって苦しくなるのは人間と同じです。便の回数だけで判断しなくても、毎日見ている飼い主ならば変化に気づくと思います。原因が分かっているのであれば、解決方法はそれを取り除くことしかありません。運動不足やストレスが原因であるならば、体を動かすことのできる環境、ストレスがかからない状態を作る工夫をしてみましょう。
単に便秘を解消するだけでしたら便を柔らかくする便秘薬を使えば簡単です。しかし、効き目があり過ぎて下痢を起こしてしまうことがあるので、頻繁に使うと愛犬に負担がかかってしまいます。
食事におから、リンゴ、トマト、レタス、キャベツ、キュウリなどを少し取り入れ、改善を図っている飼い主もいますが、繊維質及びその他含まれている成分によっては取り過ぎれば害になることもあります。人間の便秘対策でよく使われるヨーグルトも犬によってはアレルギーを起こすので注意が必要です。
食事に便秘に効果があるものを取り入れたいと思うのでしたら、オリゴ糖が良いと思います。犬用のサプリメントやドッグフードにも利用されていて、食べると腸内の善玉菌のエサとなり腸内の細菌叢が良い状態に変わっていき便秘が改善されるのです。腸内の善玉菌を活性化させれば病気にもなりにくくなります。人間が取るオリゴ糖と同じものを食事や水に混ぜて構いません。しかし、オリゴ糖にはいろいろな製品があるので、できるだけ品質が良く安全性の高いものを選ぶことをおすすめします。

オリゴ糖を使えば猫だってスッキリ!

nyan

一日に何度もトイレに行く、トイレの時間が長い、トイレの後に走り回る、トイレの後にやたらと鳴くなど、いつもと猫の様子が違ったら便秘を疑ってみましょう。病気の場合もあるので、便の状態もコロコロしていないか細長くないか形状や硬さを確かめて、まずは動物病院を受診してみてください。病気でなければ、浣腸や摘便、下剤などの治療をしてもらうことになります。しかし、便秘になった原因は高齢、肥満、水分量不足、ストレス等が何かしらあるはずです。飼い主が便秘を改善する対策をしてあげなければ大切な猫がまたまた苦しむことになってしまいます。
猫にとっても腸内環境はとても重要で、悪玉菌が増えれば人間と同じく体調不良になり、病気を引き起こしてしまうことがあります。油分の多い食事を取らせて便秘を解消する方法で腸内環境は変わりません。食物繊維を多くとらせても、便の量が増すことで結腸が巨大化してしまう可能性があります。飼い主の中には猫に負担がかからないことから、善玉菌のエサになるオリゴ糖を利用している方がいます。
ペットフードの中にもオリゴ糖が使用されているものがありますのでそれらを活用するのもいいでしょう。その他に自分が食事に取り入れているオリゴ糖を使う方法もあります。粉末タイプの製品は飲み水やエサに混ぜ簡単に使うことができます。天然の成分から作った安全性の高いものだと飼い主も安心して与えられるのでしょう。
子猫の便秘は肛門のあたりを濡らしたガーゼでそっと刺激してあげることやお腹を優しくマッサージしてあげれば改善する場合がほとんどです。人間と違って猫は小さくて軽いのでオリゴ糖の量が多ければすぐに下痢をしてしまいます。もちろん、成猫も同じで与え過ぎてはいけません。
動作が鈍くなり、毛の艶もなくなってしまうほど便秘で苦しんでいる愛猫の姿を見るのは忍びないですね。水分のコントロールに気を付けながらオリゴ糖も上手に使って腸内から健康管理をしていくだけならば、お互い負担を感じることはないはずです。
しかし、多くの方が使っているオリゴ糖でも猫によっては合わない場合があるかもしれません。使う時には注意して様子を見てみましょう。

ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂取しよう

ヨーグルト

糖の成分でできているオリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ることで大活躍します。
腸内環境を整えるためにオリゴ糖はとても重要な役割を果たします。

さて、ヨーグルトにはビフィズス菌というものが含まれていますがこのビフィズス菌とオリゴ糖を同時に摂取することでビフィズス菌の効果が十分に発揮されるのです。

オリゴ糖は糖ですので、できれば無糖ヨーグルトにオリゴ糖を入れるようにしましょう。
ビフィズス菌の餌はオリゴ糖なのです。
ビフィズス菌が活発に働くことは体にはとってもよいことですね。

また、普通のヨーグルトにオリゴ糖を入れてもビフィズス菌とオリゴ糖の比率によってはオリゴ糖が無駄になってしまう場合があるのです。
この無駄を避けるためには、ヨーグルトの種類に注目しましょう。
「トクホマーク」に注目するのが一番のポイントです。
また、「生きたまま腸にとどく」などの記載があると尚良いです。

ビフィズス菌は酸に弱く、腸にたどりつくまで胃酸によって死んでしまうなどの欠点があります。
ですからこのように特定のヨーグルトを選ぶことは大事なことになります。
オリゴ糖の働きを覚えておくと、食事の食べ方に気を付けるだけで体にとても良い摂取の仕方ができるようになります。

血糖値対策!オリゴ糖をうまく使おう

血糖値という言葉をご存知ですか?
健康診断などで耳にしたことがあるかと思いますが血糖値というのは血液に含まれる糖(ブドウ糖)のことを指します。
糖は体を動かすことに必要なエネルギー分ですが、毎日の食生活に大きく影響します。

同じように糖尿病という言葉も聞いたことがあるかと思いますがこの糖尿病にも直接的に関わってくるものが血糖値です。

生活習慣病は現代において懸念される一つの病気ですが予防をすれば防ぐことができます。
その予防のひとつとして挙げられるのがオリゴ糖を上手に摂取することです。

砂糖

血糖値が上がる要因としてはインスリンの分泌が無いことが原因とされています。
遺伝的にインスリンが少ない人もいますし、毎日の生活においてストレスをためやすい人又は、睡眠不足、食生活が乱れていることによるということもあります。

全ての人において食生活はとても大事なものです。
糖尿病になる原因の多くは食生活になります。

日頃から糖分を摂りすぎていると感じたことはありませんか?飲み物やお料理に使われる砂糖、どのくらい摂取しているのか、まずは見直してみましょう。
そして、生活習慣病の予防のためにオリゴ糖を使ってみましょう。

なぜオリゴ糖が優勢なのか、それは、オリゴ糖は体内に吸収されにくい糖分なのです。
少し甘味が欲しい時、コーヒーを飲むときには砂糖ではなくオリゴ糖。
ヨーグルトにも砂糖ではなくオリゴ糖。
甘味はしっかりと感じることができるため、カロリーの少ないオリゴ糖を選んでみるのはいかがでしょうか。

オリゴ糖とは?

オリゴ糖と聞いて思い浮かべるものは何ですか?
「糖」という文字が含まれているので砂糖のような甘いもの?と思い浮かべる人もいると思います。

一般には、ブドウ糖や果糖などの単糖類と呼ばれるものが数個結びついたものを総称してオリゴ糖と呼んでいるのです。
ですから、明確な定義はないということが実際のところです。
例えば、ショ糖、乳糖、麦芽糖も分子構造に注目するとオリゴ糖ということになります。

ではどのような場面で私たちはオリゴ糖が必要になるのでしょう?
実はオリゴ糖にはデトックス効果があり、病気を未然に防いだり、若々しさや美しさを保ってくれる成分が含まれているのです!

女
便秘や美容に悩む女性は数多くいます。
そして健康に生活することは誰もが願っていることですよね。

そのようなことを維持するためには、体の中から健康にならなければいけません。
そして、健康を保つうえで大事になるのが腸の働きです。
腸が汚れていると様々な病気を引き起こします。
免疫力が落ち、病気や老化に耐えられず負けやすい体になってしまうのです。

その腸を健康に保ちながら、その働きを活発にしてくれるのが「オリゴ糖」の働きです。
善玉菌、悪玉菌という言葉を聞いたことがありますか?
腸には多くの最近が生息しているのですが腸を元気にするのが善玉菌、腸の機能を弱らせるのが悪玉菌です。
この菌は2つとも腸内で活動しています。

オリゴ糖は、善玉菌の栄養素となるので、腸をますます元気にしてくれるのです。
ですから、オリゴ糖を摂取することは体に大変良いことにつながるのです。