オリゴ糖を使えば猫だってスッキリ!

nyan

一日に何度もトイレに行く、トイレの時間が長い、トイレの後に走り回る、トイレの後にやたらと鳴くなど、いつもと猫の様子が違ったら便秘を疑ってみましょう。病気の場合もあるので、便の状態もコロコロしていないか細長くないか形状や硬さを確かめて、まずは動物病院を受診してみてください。病気でなければ、浣腸や摘便、下剤などの治療をしてもらうことになります。しかし、便秘になった原因は高齢、肥満、水分量不足、ストレス等が何かしらあるはずです。飼い主が便秘を改善する対策をしてあげなければ大切な猫がまたまた苦しむことになってしまいます。
猫にとっても腸内環境はとても重要で、悪玉菌が増えれば人間と同じく体調不良になり、病気を引き起こしてしまうことがあります。油分の多い食事を取らせて便秘を解消する方法で腸内環境は変わりません。食物繊維を多くとらせても、便の量が増すことで結腸が巨大化してしまう可能性があります。飼い主の中には猫に負担がかからないことから、善玉菌のエサになるオリゴ糖を利用している方がいます。
ペットフードの中にもオリゴ糖が使用されているものがありますのでそれらを活用するのもいいでしょう。その他に自分が食事に取り入れているオリゴ糖を使う方法もあります。粉末タイプの製品は飲み水やエサに混ぜ簡単に使うことができます。天然の成分から作った安全性の高いものだと飼い主も安心して与えられるのでしょう。
子猫の便秘は肛門のあたりを濡らしたガーゼでそっと刺激してあげることやお腹を優しくマッサージしてあげれば改善する場合がほとんどです。人間と違って猫は小さくて軽いのでオリゴ糖の量が多ければすぐに下痢をしてしまいます。もちろん、成猫も同じで与え過ぎてはいけません。
動作が鈍くなり、毛の艶もなくなってしまうほど便秘で苦しんでいる愛猫の姿を見るのは忍びないですね。水分のコントロールに気を付けながらオリゴ糖も上手に使って腸内から健康管理をしていくだけならば、お互い負担を感じることはないはずです。
しかし、多くの方が使っているオリゴ糖でも猫によっては合わない場合があるかもしれません。使う時には注意して様子を見てみましょう。

ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂取しよう

ヨーグルト

糖の成分でできているオリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ることで大活躍します。
腸内環境を整えるためにオリゴ糖はとても重要な役割を果たします。

さて、ヨーグルトにはビフィズス菌というものが含まれていますがこのビフィズス菌とオリゴ糖を同時に摂取することでビフィズス菌の効果が十分に発揮されるのです。

オリゴ糖は糖ですので、できれば無糖ヨーグルトにオリゴ糖を入れるようにしましょう。
ビフィズス菌の餌はオリゴ糖なのです。
ビフィズス菌が活発に働くことは体にはとってもよいことですね。

また、普通のヨーグルトにオリゴ糖を入れてもビフィズス菌とオリゴ糖の比率によってはオリゴ糖が無駄になってしまう場合があるのです。
この無駄を避けるためには、ヨーグルトの種類に注目しましょう。
「トクホマーク」に注目するのが一番のポイントです。
また、「生きたまま腸にとどく」などの記載があると尚良いです。

ビフィズス菌は酸に弱く、腸にたどりつくまで胃酸によって死んでしまうなどの欠点があります。
ですからこのように特定のヨーグルトを選ぶことは大事なことになります。
オリゴ糖の働きを覚えておくと、食事の食べ方に気を付けるだけで体にとても良い摂取の仕方ができるようになります。

血糖値対策!オリゴ糖をうまく使おう

血糖値という言葉をご存知ですか?
健康診断などで耳にしたことがあるかと思いますが血糖値というのは血液に含まれる糖(ブドウ糖)のことを指します。
糖は体を動かすことに必要なエネルギー分ですが、毎日の食生活に大きく影響します。

同じように糖尿病という言葉も聞いたことがあるかと思いますがこの糖尿病にも直接的に関わってくるものが血糖値です。

生活習慣病は現代において懸念される一つの病気ですが予防をすれば防ぐことができます。
その予防のひとつとして挙げられるのがオリゴ糖を上手に摂取することです。

砂糖

血糖値が上がる要因としてはインスリンの分泌が無いことが原因とされています。
遺伝的にインスリンが少ない人もいますし、毎日の生活においてストレスをためやすい人又は、睡眠不足、食生活が乱れていることによるということもあります。

全ての人において食生活はとても大事なものです。
糖尿病になる原因の多くは食生活になります。

日頃から糖分を摂りすぎていると感じたことはありませんか?飲み物やお料理に使われる砂糖、どのくらい摂取しているのか、まずは見直してみましょう。
そして、生活習慣病の予防のためにオリゴ糖を使ってみましょう。

なぜオリゴ糖が優勢なのか、それは、オリゴ糖は体内に吸収されにくい糖分なのです。
少し甘味が欲しい時、コーヒーを飲むときには砂糖ではなくオリゴ糖。
ヨーグルトにも砂糖ではなくオリゴ糖。
甘味はしっかりと感じることができるため、カロリーの少ないオリゴ糖を選んでみるのはいかがでしょうか。

オリゴ糖とは?

オリゴ糖と聞いて思い浮かべるものは何ですか?
「糖」という文字が含まれているので砂糖のような甘いもの?と思い浮かべる人もいると思います。

一般には、ブドウ糖や果糖などの単糖類と呼ばれるものが数個結びついたものを総称してオリゴ糖と呼んでいるのです。
ですから、明確な定義はないということが実際のところです。
例えば、ショ糖、乳糖、麦芽糖も分子構造に注目するとオリゴ糖ということになります。

ではどのような場面で私たちはオリゴ糖が必要になるのでしょう?
実はオリゴ糖にはデトックス効果があり、病気を未然に防いだり、若々しさや美しさを保ってくれる成分が含まれているのです!

女
便秘や美容に悩む女性は数多くいます。
そして健康に生活することは誰もが願っていることですよね。

そのようなことを維持するためには、体の中から健康にならなければいけません。
そして、健康を保つうえで大事になるのが腸の働きです。
腸が汚れていると様々な病気を引き起こします。
免疫力が落ち、病気や老化に耐えられず負けやすい体になってしまうのです。

その腸を健康に保ちながら、その働きを活発にしてくれるのが「オリゴ糖」の働きです。
善玉菌、悪玉菌という言葉を聞いたことがありますか?
腸には多くの最近が生息しているのですが腸を元気にするのが善玉菌、腸の機能を弱らせるのが悪玉菌です。
この菌は2つとも腸内で活動しています。

オリゴ糖は、善玉菌の栄養素となるので、腸をますます元気にしてくれるのです。
ですから、オリゴ糖を摂取することは体に大変良いことにつながるのです。