ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂取しよう

ヨーグルト

糖の成分でできているオリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ることで大活躍します。
腸内環境を整えるためにオリゴ糖はとても重要な役割を果たします。

さて、ヨーグルトにはビフィズス菌というものが含まれていますがこのビフィズス菌とオリゴ糖を同時に摂取することでビフィズス菌の効果が十分に発揮されるのです。

オリゴ糖は糖ですので、できれば無糖ヨーグルトにオリゴ糖を入れるようにしましょう。
ビフィズス菌の餌はオリゴ糖なのです。
ビフィズス菌が活発に働くことは体にはとってもよいことですね。

また、普通のヨーグルトにオリゴ糖を入れてもビフィズス菌とオリゴ糖の比率によってはオリゴ糖が無駄になってしまう場合があるのです。
この無駄を避けるためには、ヨーグルトの種類に注目しましょう。
「トクホマーク」に注目するのが一番のポイントです。
また、「生きたまま腸にとどく」などの記載があると尚良いです。

ビフィズス菌は酸に弱く、腸にたどりつくまで胃酸によって死んでしまうなどの欠点があります。
ですからこのように特定のヨーグルトを選ぶことは大事なことになります。
オリゴ糖の働きを覚えておくと、食事の食べ方に気を付けるだけで体にとても良い摂取の仕方ができるようになります。