おなかに優しいオリゴ糖の効果3つ

みなさんは、オリゴ糖がおなかに優しいということを知っていますか?ビフィズス菌ならヨーグルトなどで聞いたことがあるけど、オリゴ糖のことはあまり知らない…そんな人が多いのではないでしょうか。ビフィズス菌が腸に良い影響を与えるということは有名ですが、オリゴ糖もまたおなかを綺麗にする役割をするのです。オリゴ糖は人間の母乳から発見された成分なのです。そのため、母乳を飲んだ乳児のほうが、下痢をする確率が低いのです。それでは具体的にオリゴ糖の効果にどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

プレバイオティクス効果

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果があります。腸内の環境が改善されて悪玉菌が減り、善玉菌が増えると便秘が解消されるようになります。そしてその腸内環境ではカルシウムなどのミネラルの吸収率もよくなります。そうなると、骨も強くなり、血液循環も促進されるため、骨折や貧血予防効果が出るのです。

 

糖質脂質の吸収を減らす効果

はちみつなどオリゴ糖を含んだ食品は粘度があるのです。この食品は消化機能を鈍くする効果があり、脂質やコレステロールの吸収を抑えてくれるのです。また、吸収を抑えるだけでなく、余分な脂質糖質を排出する手助けもしてくれるのです。そのため、ダイエットなどにも利用されているのです。

 

血糖値を下げる効果

オリゴ糖に似た物質としてショ糖というものもあります。しかし、ショ糖はオリゴ糖よりも高カロリーなため、ダイエットには適さない部分があります。また、オリゴ糖は、そのまま栄養として吸収されるのではなく、腸内の細菌に分解されるため、血糖値の上昇はあまりないのです。これはダイエットだけでなく、糖尿病にも効果的なのです。

 

どうでしたか?意外と知らないこともたくさんあったと思いますが、オリゴ糖にはこのような素晴らしい効果があるのです。ダイエットをしている方、糖尿病に悩んでいる方はオリゴ糖を試してみてはどうでしょうか。